自己紹介

自分の写真
はじめまして!!ミナミナこと南方和美(みなかたかずみ)です。 ようこそ私の世界へ♡ このブログを通して私を知ってもらえたら嬉しい! トレーナーとしての私、主婦として母としての私、女としての私、色々な私を公開させてもらいます。 一緒に楽しんでいただけたら幸せです♡♡

2016年7月4日月曜日

熊本チャリティーイベント「ハートフルヨガ」

勤務先の病院主催「熊本チャリティーイベント」でヨガを担当させていただきました。

サンスクリット語が語源のYOGAの意味は〜結合・つなぐ・結ぶ〜
ヨガは心身のバランスがとれた生活を送りたいと願う方の一つの手段でありメソッド(方法論)でもあります。
ヨガの目的は「本来の自分に帰ること」「内観(内側から自分をみつめる)」
日々の生活の中で忘れてしまいがちな本来の自分の姿を、呼吸やアーサナを用いてゆっくり思い出すことを目的とします。

チャリティー当日はあいにくの雨でしたが、ヒーリング系のミュージックと雨音が絶妙な調和を奏でてくれました。

呼吸法で心と身体をみつめる。ご自身の呼吸音や心臓の鼓動・血液の流れる音に耳を傾けてもらう大切な時間です。

ハムストリングス(太ももの裏側)やお尻が硬い男性にとって辛い前屈。
顔をしかめているみなさんが可愛くて思わず微笑む私を撮影したのは誰かしら?お気に入りの一枚です(笑)

ヨガ歴2年8ヶ月の橋間 誠先生がアーサナ(ヨガのポーズ)の見本になってくれました。しなやかに動きながらアーサナを完成する誠先生の姿に参加者から「きれいなポーズ」と絶賛の声があがっていました。




立位、座位。仰臥位と流れるようにレッスンは進み気づけば終了時間。

記念撮影は合掌してナマステ。
いつも感じること….
ヨガを終えたあとの表情って本当に柔らかいの。レッスン前は硬かった表情の方も終了後は柔和で優しいお顔になってる。
腹式呼吸の効果、まさに副交感神経が優位になって心身ともにリラクゼーション状態になっている証拠だと思います。

289,000円もの義援金をいただき熊本YMCA 本部事務局 (緊急災害支援本部) に送金することができました。
今回の義援金は緊急災害支援本部の職員様の働きで、震災をきっかけに心の障害を受けた子供たちのPTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)の支援セミナーに使っていただくことになりました。