自己紹介

自分の写真
はじめまして!!ミナミナこと南方和美(みなかたかずみ)です。 ようこそ私の世界へ♡ このブログを通して私を知ってもらえたら嬉しい! 健康運動指導士・パーソナルトレーナーとしての私、主婦として母としての私、女としての私、色々な私を公開させてもらいます。 一緒に楽しんでいただけたら幸せです♡♡

2018年7月15日日曜日

画家/井上よう子さんのサロンコンサート

楽しみにしていた女性画家「井上よう子」個展がギャラリー島田開催されているので母と行ってきました。



海文堂ギャラリーから北野にあるギャラリー島田に移られて40年。
記念すべき40周年は絵とギター音色のコラボという粋なイベントでした。

ギタリスト「熊谷朋久氏

神戸を中心に活動するアコースティックギタリスト。
テレビやラジオ番組のBGMにて自身の楽曲を提供するなど幅広いジャンルで活躍されています。

アンコール含め10曲のプログラム曲で一番印象深かったのはアイルランド民謡「The Water is Wide」
この曲を聴いている私は、よう子さんのこの絵の中に入って海を見つめ風を感じながらストレスフリー状態。

絵を見ながらのギターって素敵。
音色が自然に心に入っていくようで不思議な感覚でした。
井上よう子さんの絵のテーマ「光はそこに」を熊谷氏が作曲して弾いてくださったのですが、アコースティックの繊細の音色が耳心地よく本当に素晴らしかったです。
曲を作ってもらえるなんて幸せですね、よう子さん♡




知り合って間もなく15年になる画家/井上よう子さん。
数々の賞をとり、どんどん手の届かない存在になるようだけど「またご飯行こうね」って誘ってくれる心友。
うん、一緒にご飯食べよう!
そして人生の四方山話しして刺激しあおうね(*^_^*)

2018年7月13日金曜日

セロトニントランスポーター


 健康ライフコーディネーターの南方和美です。

この一週間は科学者・研究職の方に学ぶ機会がとても多い週でした。
骨の髄まで文系の私。
理系は大の苦手だったのに、統計学や数式の世界に誘われています(笑)


市立芦屋病院の岡本薬剤部長と2時間に及ぶ「健康ミーティング」で色々なことを学びました。
中でもセロトニントランスポーターの話は、心のトキメキが止まらない♡
セロトニンが身体に働きかけてくれる効果は知っていたものの、その神経伝達システムの細かいところまで理解していませんでした。
岡本先生がご自身の研究から得た事実を教えてくれたのですが、それはそれは目から鱗。
セロトニンの効果をもっと体感してもらえるエクササイズを考案、そんな手応えを感じる瞬間でした。
日本人はセロトニントランスポーターの数が少ないと言われています。
ですが、少ないなりに逆発想でセロトニンの受け皿を活性化させればいい。
そうなのよね〜🎵少ないなら少ないなりの工夫があるんです。
次回はミーティングでは、セロトニントランスポーターについて運動療法による臨床結果をお伝えすることになっています。
多くの方に実感してもらうように努力します( ^ω^ )



健康寿命の指標算定法で2015年(一番最新データ)の都道府県別「健康寿命ランキング」で大阪府の女性は最下位です。

この数字根拠について調べてみました。
今までの私は数字根拠や統計学という言葉を聞くだけでヘロヘロ状態で眠気に襲われていたのですが、今回は研究者や税理士さんのお知恵を借りて調べてみました。
算定上や解釈の留意点、後追い(レトロスペクティヴ)に見ての統計処理ということや3000人から10000人が調査の対象で信頼されているというアドバイスをもとに検証。

数字根拠が理解できて初めて見えてきた都道府県別の健康寿命事情
何を改善すればいいのか、県民性や府民性+数字根拠で説明できる!
7月末、2市の行政に面談の予定が入っていますが、しっかりと話をさせてもらうつもりです。

苦手なものを克服していく先に、こうやって重要なことが見えてくるものですね。
人生の折り返し地点で成長させてもらっていることに感謝です♡

2018年7月9日月曜日

梅雨明けの仕事

この度の西日本豪雨でお亡くなりになられました皆様に心より御冥福をお祈り致します。また甚大な被害に遭われました皆様に心より御見舞いを申し上げます。
そして、懸命な捜索活動や復旧作業にあたっておられる皆様には心より感謝を申し上げます。


また受験することになりました。2週間前に決意して申し込み、時間を見つけては勉強する日々です。
試験は8月初旬。
11月に健康経営の試験を受けるので、それまで学習モード・・・のつもりですが、仕事に面談にがっつり勉強する時間が取れない。う〜む。

近畿地方の梅雨明けがニュースになった今日は朝から仕事×仕事×仕事。


午前中は芦屋山手町の友達宅でパーソナルセッション。
大きな窓からみる青空は格別、空が近〜いの♡
彼女が抱いているぬいぐるみはラグビー強豪校「東福岡」のユニフォーム着ています。
そう、三男くんは元・東福岡のエース。よく新聞に載っているラガーマンなんです。

正午からはセントラル六甲道でヨガ。
いつも70名近いメンバー様が参加してくれるクラスは毎週「満員御礼」です。

午後のティータイムは子ども達の感性を育てるための大切なミーティングです。
五感を養うために遊び感覚で教育することの大切さを教えてもらいました(*^_^*)

今まではトレーニングウエアで講師していた私は私服のプレゼンって苦手。
来週は表参道でプレゼンですが、この際だからトレーニングウエアで行っちゃおうかって考え中です(笑)


2018年7月6日金曜日

自然に変化していくこと

naturally「自然体」は私の屋号になります。ヒントをくださったのは某広告代理店の男性。
「南方さんの最大の魅力は自然体。肩肘はらずにいきましょう」
私よりも年下なんだけど、たった1時間の間に私を分析して魅力を見つけてくれました。

50歳のカウントダウンが始まりました。来月早々に私は51歳になります。
この年齢になると〜年齢相応の若々しさ〜が大切になるんですよね。
若づくりは、もう限界のような気がします。
自分の年齢に向き合って自然体で生きる。
美容への考えもファッションも生活スタイルも、すべてが肩の力を抜いている状態がちょうどいい。

自然に変化していく今を大切に考えています。

2018年7月5日木曜日

宝塚市地域包括システムケア研究会

4月から毎月出席させてもらっている宝塚市地域包括ケアシステム研究会



7月はコアメンバー会に参加させてもらいました。
(7月19日の研修会はちょうど東京出張で参加できないため)


地域包括ケアシステムとは、市民が住み慣れた地域で可能な限り自分らしい暮らしを人生の最期まで続けられるよう、医療・介護・福祉が一体的に提供される体制のことです。
宝塚市は、市立病院を中心に医師会、歯科医師会、薬剤師会、地域医療機関、介護施設、地域包括支援センターで働く専門職、行政、企業といった26団体が連携を組み活動しています。
顔の見える関係」をモットーに、あらゆる問題点をパノラマで捉え話し合っていく「三つの若葉を育てる会」は、研修会に出るたびに真摯さが伝わってきて毎回お勉強させてもらっています。

自己紹介を兼ねてスピーチをさせてもらいました。
健康リテラシーを啓蒙すること、予防や「いつまでも自分の脚で歩くための身体作り」の重要性、今後どう活動していくかを話させていただくと、会の終わりに沢山の方が名刺を交換してくださって嬉しかった。

宝塚市地域包括システムケアのミニシンポジウム、市民フォーラムでも何かのお役に立てそうです。

2025年問題、さらには2050年問題がどれだけ大変なことになるかを宝塚市立病院の馬淵先生がわかりやすく講義してくれました。
そうなんです、2050年はまさに第二次ベビーブームの私たち(昭和42年の私は、まさに第1期生。笑)が高齢者になるのですが、その頃には1人の高齢者に対して現役世代(15〜64歳)は1.3人。
介護にかかる負担が現役世代に重くのしかかるのは予想されているのです

血管年齢
骨年齢
肺年齢

これらの年齢は健康習慣を行うことで老化の進行度を遅らすことができる。
健康運動指導士としてお役に立てることは「正しい健康」を多くの方に知っていただくこと。
私の使命だと思っています。


2018年6月30日土曜日

死亡の最大要因「たばこ」

受動喫煙対策、政府の健康増進法改正案は都条例より規制緩やか 来週にも成立 



患者数が推定500万人もいるという別名「たばこ病」
正式な病名は慢性閉塞性肺疾患 COPD。
気道が狭くなったり、肺の働きが悪く呼吸がしにくくなる、症状を想像しただけで苦しくなってくるような病気は長期の喫煙習慣で発症します。
毒性の強いニコチンやタールは発がん性の物質を含め約4000種類もの化学物質が含まれています。
健康被害が高いのに国民の認識は低い。どうなっているのでしょうか。
2008年のCOPDによる死亡率が死亡順位4位だったことを知っている方は少ないと思いますが、WHOでは2030年には死亡者数が30%増加・死亡順位も第3位になると推測しているから問題は深刻なのです。
子ども達の肺は小学校低学年までに成長します。
たとえ親がベランダで喫煙しても、衣服や髪についた成分が家の壁やカーテンなどに付着すると影響を及ぼすのですよ。
副流煙の方が能動が高い場合もあります。
子ども達の呼吸器を守るのは大人の責任です!

禁煙はいつ始めてもいいのです。
吐く息に含まれる一酸化炭素レベルは禁煙を始めて数時間で正常になります。
24時間後には心臓発作の危険が低くなります。
たった数日で嗅覚および味覚が回復。
一ヶ月後には咳や痰が改善されて肺がんのリスクは少しずつ下がっていきます。

日本は喫煙に関する規制が甘いと言われていました。
アメリカは1990年代から州単位で全面禁煙化を進めています。
アイルランドでは国全体で全面禁煙にする法律を2004年に施行、これは世界初です。

嗜好を見直す努力を。
今から始めましょう。

2018年6月28日木曜日

CLASSY Life Style


国際情報の機関誌「ING」に掲載してもらったCLASSY LifeStyle〜上質な人生の見つけ方〜
こちらから読めます。




年中毛皮に包まれているレオンは湿度に弱い、夏バテ気味?
冷たいフローリングでボディを冷却しているレオンにズームイン(^ ^)
う〜む、可愛いです、たまらんです。



2018年6月26日火曜日

野菜を食べよう!


国が2014年に行った「国民健康・栄養調査」による1日の野菜摂取量。

男性で平均300.8g
女性で平均285.0g

厚生労働省では「健康日本21」で健康を維持するために必要な野菜の1日摂取量は350gとしています。

目標に足りていないのが現状。

野菜は食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富で、特に食後の高血糖(グルコーススパイク)を防ぐ食物繊維は積極的に摂取するべきです。

にんじんやかぼちゃなど「緑黄色野菜」はカロテンが豊富で体内に入るとビタミンAに変わります。
目の明るさを感じる機能・皮膚粘膜の保護に作用。
ビタミンCやビタミンB2、カルシウムや鉄、カリウムも含まれています。

白菜や玉ねぎといった「淡色野菜」は糖質をエネルギーに変えるビタミンB1やカルシウムやカリウムも豊富に含まれます。

350gってどれくらい?よく質問を受けます。
はい、生野菜なら両手のひらイッパイです。
温野菜なら片手のひらです。

こんなに食べることができないって方は野菜ジュースでもいいと思う。
でもね、ジュースは食物繊維の量が少なくエネルギー量も高めなんです。
できれば補助としての使い方にして、健康のためにはしっかり野菜を食べていただきたいと思います(*^_^*)


2018年6月24日日曜日

Dear 陽子ちゃん♡

業務連絡で〜す(*^_^*)

陽子ちゃん、メールをありがとうございます。
返信したけどエラーになって跳ね返ってきます(汗)
携帯番号をメールもらえますか?もしくは携帯鳴らしてください!

宜しくお願いします。
pureYOGA主催 代表 南方和美

2018年6月22日金曜日

ING16号に掲載していただきました。




CLASSY Life Style
上質な人生

一般的に周知されている上質な人生とはQuality of life(QOL)
健康運動指導士のテキストに、これでもか!ってくらい出てきた言葉です。
私が考える上質な人生にあまり使いたくないと思い、ふさわしい言葉をずっと考えていました。ヒントをくれたのは娘です。
「お母さん、CLASSYはどう?」って。
シアトル在住のネイティブに連絡し「CLASSY Life Styleは《上質な人生》という意味で通じる?」と確認。
「風と共に去りぬのような、古風で質の高さをイメージする!問題ないよ」との返事でした。



官庁はじめ7000社に配布される国際情報の機関誌 ING16号
カラーで4ページ、私の想いや取り組みを掲載してもらいました



第一線で活躍中の著名な方ばかりの雑誌に私を載せていただけるなんて恐縮ですが光栄なことですよね♡



未病のこと、中医学の歴史、西洋医学の恩恵、健康リテラシー、のびのびと表現できました。
健康の最大公約数は運動と睡眠、そして正しい栄養摂取の知識、爽やかなお付き合い(メンタルヘルス)
とてもシンプルなことで自分らしい健康は手に入ると思います。
早寝・早起き、しっかり噛む、腹八分目、よく歩く、適度な運動、気持ちよいお付き合い
私はそこに「朝一番、お白湯を飲む」と「朝陽を浴びる」を加えるかな。

東京から芦屋まで取材に来てくださった国際情報普及協会の小松編集長。
なんども原稿をチェックしてくださった同社の吉田さん。
お世話になりました。本当に有難うございました!!