自己紹介

自分の写真
はじめまして!!ミナミナこと南方和美(みなかたかずみ)です。 ようこそ私の世界へ♡ このブログを通して私を知ってもらえたら嬉しい! トレーナーとしての私、主婦として母としての私、女としての私、色々な私を公開させてもらいます。 一緒に楽しんでいただけたら幸せです♡♡

2015年9月5日土曜日

ノルディックポールヨガ

日常動作の中で本来使うべき筋肉があります。例えば身体をひねる時に使う外腹斜筋や多裂筋。椅子から立ち上がるときに使う臀筋や腸腰筋、脊柱起立筋。
動作のたびに使うべき筋肉がきちんと動いてくれると、私たちの身体は年齢を重ねたとしても整形外科的な疾患になることは少ないと思います。
でも、ひねる時に腹斜筋を使えなければ、肩を思いっきり後ろに引いてひねるしかないですよね?その動作を繰り返すうちに肩や首を痛めてしまうのは当然のことです。
こういった動作を「代償動作(トリックモーション)」と表現します。

さて、ノルディックウォーキングが流行しています。
トレーナーの私も御多分に洩れず練習していますよ(笑)
実際に歩くと、自分の使えていない筋肉があからさまにわかり筋肉痛になる。
きちんとストレッチやエクササイズを行ってから歩く必要があると解ってきました。
そこでノルディックを使ったヨガを取り入れ身体のコンディショニングをしてから歩くことにした結果、歩行時の快適さはなかなかのもの♡
ノルディックポールを持ちながらヨガのポーズすると、安定性が高まり伸びやかな動きができる。バランス系においては「動揺(ぐらつき)」がなくなりピシッと一本足で立てる!代償動作が軽減されて使うべき筋肉を正しく使えるのです。
いいかも♫

緑の中でノルディックポールヨガの撮影をしました。
モデルを引き受けてくれたのは娘。たった一回の打ち合わせで完璧に動いてくれるのは流石でした。
アジャストしながら私の手が感じたのは、少しずつ動き出す関節と1㎜ずつ伸びていく彼女の筋肉。
代償動作がないノルディックポールヨガは、身体を自由自在に使うことができて安全で快適なのだと再確認できました。

↑ イメージの動画を作ってみました。

まだまだ検証して深めていくべきノルディックポールヨガ。ドクターやトレーナー仲間に相談しながら、安全に楽しめるエクササイズを作りたいと思います。
ミナミナ先生、頑張りますぞ♫♪